定時制の重点目標と特色


 定時制の教育方針、教育目標

 1 本年度の教育方針
  

   (1) 教育活動全体を通じて、未来を切り拓く人間力や社会に貢献する人材を育成する。

   (2) キャリア教育の充実の下、志高く自ら自己実現を果たそうとする態度を育成する。

 

 2 本年度の重点目標

   (1) キャリア教育を充実させ、社会的自立に必要な資質・能力を育成する。

   (2) 志高く、自主自律の下、心豊かにたくましく生きる生徒を育成する。

@ 授業改善による学力向上
  ・ 生徒一人一人の学びへの支援(学力各層に対応した授業展開)
  ・ 主体的・対話的で深い学びによる、確かな学力の育成
  ・ 問いを引き出す授業の充実(思考力・判断力・表現力等の養成)
  ・ 自ら学ぶ意欲と態度の育成
  ・ 「学び直し」の取組の充実
  ・ 「わかる授業」の展開
  ・ 三修制の充実
  ・ 生徒のニーズや能力に応じた教育課程の工夫と改善
  ・ 教員の資質・能力の向上

A 基本的生活習慣の確立
  ・ 生徒自ら作成した「定時の心得」の実践
  ・ 生徒の課題を共有し、励まし、支える支援
  ・ レジリエンス(自発的治癒力)を高める指導
  ・ 特別支援学校や関係機関との連携・強化
  ・ 不登校や問題行動等の未然防止、即時対応

B 心豊かにたくましく生きる生徒の育成
  ・ 自尊感情、自己有用感の醸成
  ・ ソーシャルスキル、コミュニケーション能力の育成
  ・ 防災・安全教育、主権者教育、情報教育の充実
  ・ 学校行事、部活動等の活性化
  ・ 生活体験発表会等への積極的参加
  ・ 各種検定や資格試験の資格取得
  ・ 生徒指導・教育相談・特別支援体制の強化と連携
  ・ 自ら未来を切り拓く態度の育成
  ・ 教員の幅広い見識と教育愛の涵養

C 家庭・地域等との連携・協働によるキャリア教育の充実
  ・ 授業をはじめ、あらゆる教育活動でのキャリア教育の実践
  ・ アルバイト、定職等、始業前就労の奨励
  ・ 外部講師の活用、進路講演会等による将来に対する意識の向上
  ・ ボランティア活動やインターンシップ等の推進
  ・ 職場定着支援員の活用やハローワークとの連携の強化
  ・ PTA、教育振興会や地域社会等との連携・協働、地域資源の活用

 

 定時制課程の特色

   1.四年修業制を基本としますが、三年修業制を導入し、努力次第で3年間で卒業可能です。
     三年修業制とは、3年以上の在籍と74単位以上の取得により卒業できる制度のことです。
     3年で卒業するためには、1校時が始まる前に行われる0校時で単位の不足分を補います。

   2.学校外における学修の単位認定をしています。学校外における学修とは大きく分けて次の4つです。
     @ 技能審査(漢字検定、英語検定、ビジネス文書実務検定など)
     A ボランティア活動
     B 実務代替(アルバイトなど)
     C 高卒認定試験(必履修科目以外)

   3.定時制独自の学校設定科目を設定しています。
     「RLJ」, 「BJ」, 「RLM」, 「BMT」, 「BMU」, 「RLE」, 「BET」, 「BEU」, 「地域科学」, 「地域社会」

   4.進学希望者には長期休業中に補習授業を実施する等、生徒の進路希望に応じて対応していきます。





戻る